BLOG

デグナー林道部CGC大町に参戦(2022/5.14)

と、ある日。

タロ「大町行きますか!」←CGC奈良トラで味を占めた様子

上垣「あったりめーよ!」←ヤル気マンマン

タロ「今回は10位以内狙わないと、さわやかクラスに上がれない」←マジか? ゆとり教育で育ったクセに?

上垣「そやな。ほな10位以内狙っていこか!」←本当は順位とかどうでもええ人。さわやかクラスにエントリー失敗した人。

こうして、我々はCGC信州大町ハードエンデューロおたまじゃくしクラスに参戦したのであります。

前回、CGC奈良トライアルマウンテンに出走した我々は、すっかりCGCのファンとなり、あの楽しさを再び味わうべく大町チャレンジフィールドで行われる、第2戦が楽しみで楽しみで仕方なかったのであります。

大町チャレンジフィールドは、練習に行ったこともなければ見に行った事もないコースですが、動画で見ててとても魅力的なコースだとは知っていました。レースじゃないと、なかなか練習に来れない場所に住んでいますし、ぶっつけ本番は本当の実力が試されるので好きな方です。

前日からの雨により、コースはマディーコンディションになる事が予想されてましたが、現場に入って確認するとチュルチュルでした。

チュルチュルな路面に大喜びの私とタロ。

上垣「チュルチュルすぎてやばいな~!バイク進まんで!」←長靴がドロドロになって嬉しそう。早く走りたい。

タロ「や~ばいっすね~。」←なぜかスニーカーでコースを歩いてる男。

上垣「えっ!なんでスニーカーやねん?」←正気じゃない光景に2度見。

タロ「昨日、車の外に長靴脱いで置きっぱなしで……。」←長靴の方が先に水没しとるやんけ!

受付を済ませ、出走準備を行い、ミーティングに参加。 オフィシャルさんが試走してるの見てワクワク。

そうこうしているうちに、我々おたまじゃくしクラスのスタートとなりました。朝一発目のレース。

今回のおたまじゃくしクラスも、前回の奈良トラに引き続き、当日にコースカットが入り難易度調整が行われました。

コンディションが悪いため、斜度のあるヒルクライムはカットという決断に運営者の優しさを感じました。個人的には残しといて欲しかったけど、おたまじゃくしクラスは、本物の初心者向きのクラスのため難易度は低くても良いと思います。

とは言え、ハードエンデューロのレースとなりますので、バイクをしっかり作って置かないと気持ちよく走れません。ヘルプ頂いてる皆さんに感謝して走りましょう!

私の魂のYZ125は絶好調でありまして、とても気持ちよく走る事ができました。チャンバー交換とリテーナー取り付け&クラッチ新品、更にリアのリンク回りをグリスアップしてもらい、スピードアップしましたよ~。

目標である10位以内を目指し、順調にペースを上げていこうと周回を進めていこうとすると……視界に見慣れた「あれっ?タロちゃうん?」

どうやら、タロはマディーコンディションにやられて、「仕上がり」直前となっておりました。

「なんやアイツ~!」と半笑いで叫びながら、私は更にアクセルの量が増えていくのでした。

登りでもシンコーさんの540DCはグイグイ進んでくれて不安なく楽しめました。最近、ちょっとずつリアタイヤのフィーリングを感じられるようになってきました。フロントタイヤは、まだ明確な違いは分かりません。

私が参加したレースは100分間にどこまで進めるかを競うレースでありますが、実際に100分走り続けるのは、なかなかタフなレースです。

そもそも、ミニバイクレースの耐久でも50分のスティントでヘロヘロな私ですが、その倍の時間を走るのは流石に体力不足。技術がないので更に体力を奪われる→集中力なくなる→ミスを連発→更に体力奪われるの悪循環。

今回のコースレイアウトで1番楽しかったのは、「オイルショック」というセクション。雨上がりでチュルチュルになってて何回も転びました。何周しても上手く走れなかった。トラクションをかけるのが下手で、ちょっとアクセルの量が多くなると、途端にリアがチュル~ンと滑って、バイクが行きたくない方向に向いてしまう。

斜度が凄いあるわけじゃなかったけど、チュルチュルすぎてリスタートも難しかったです。キックでエンジン掛けたらバイク滑って落ちていくし最高でした。おかげで、翌日に筋肉痛となりました。

こういう時に、セルが欲しくなっちゃいますよね。ギャラリーさんにいっぱい応援してもろて再スタートをきります。人の応援があると頑張れるから不思議。

その頃……タロは、自分のペースを取り戻し走り出したようで、大町チャレンジフィールドを楽しんでいたようです。

序盤に仕上がりかけたようですが、若さゆえの回復力で登りに下りにトライしてた模様。若いって素晴らしい!仕上がって速攻終わるのかと思ってました。

ちなみに、スタート順はゼッケン順となっており、ゼッケンは参加費の入金順となっているようです。前の方からスタートしたい場合は、早めの入金が必要ですね。

二人とも怪我なく無事にレースを終えて、私は6周回の10位(目標達成)で、タロは2周回の45位(目標未達成)となりました。

コース難易度は奈良トラより低かったな~という感想でした。 走り終えた後のエナジードリンクが最高に美味かったです。

CGCは会場の一体感があって、走ってるライダーもギャラリーも楽しんでるのが伝わってきて、とても楽しいイベントですね。次回のCGCも是非参加したいと思えるイベントでした。前回も思ったのですが、よくこんな楽しいコース&レースを作れるよな~っと感じながら走ってました。運営側の皆さん、今回も走らせてもろてありがとうございました。

上垣「タロ、レースあかんかったやんけ?目標10位なんて、よう言うたな!」←レース中に座り込んでるタロを目撃した。

タロ「………………。」←得意の半笑いで、ビッグマウスすぎたな~っていう感じでニヤついてる。

上垣「オレ10位やで!」←完全にマウント取にいく発言。

タロ「おおぉ~………次ですね…………先を見ます。」←晴れやかに清々しく。

こうして、デグナーハードエンデューロ部は、次回も参戦する事になりました。モータースポーツは素晴らしい!

それでは皆様も、2022年は素晴らしいバイクライフをお過ごしください。

 

デグナーハードエンデューロ部隊長 上垣 貴裕

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索

ブログ検索

最近の記事

京都本店:営業カレンダー

2024年 4月
31
1
2
3
4
5
6
スプリングセール
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4

京都本店休業日

八王子店:営業カレンダー

2024年 4月
31
1
2
3
4
5
6
スプリングセール
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4

八王子店休業日

ページ上部へ戻る